[PR]

 経営再建中のドイツ銀行は5日、財務基盤の強化のため、新株発行による約80億ユーロ(約9700億円)の増資を柱とする再建策を決めたと発表した。

 増資は3月21日~4月6日に募集する予定。さらに今後2年間で、子会社の資産運用会社「ドイチェ・アセット・マネジメント」を上場して保有株の一部を売却するほか、ほかの資産売却も含めて追加で最大20億ユーロ分の資本を増やす計画だ。

 銀行本体の事業も再編する。予定していた子会社のポストバンク(旧郵貯銀行)の売却を撤回し、銀行本体の業務と統合する。再編により2021年までに約30億ユーロのコスト削減を進めるという。ドイツ銀は15年12月期決算から純損益が2期続けて赤字だった。(ロンドン=寺西和男)

こんなニュースも