[PR]

 昭和のおもむきが色濃く残る商店街の魅力を知ってもらおうと、近畿大学生らが協力して、東大阪市の石切(いしきり)参道商店街の観光マップを完成させた。約3万部を、市内の宿泊施設や商店街で無料配布している。

 参道商店街は、「でんぼ(腫れ物)の神さん」として知られる石切剣箭(つるぎや)神社の参拝客で、戦後すぐのころからにぎわってきた。

 最寄りの近鉄石切駅から神社まで、幅3メートルほどの参道が1キロほど続き、沿道には漬けものや和菓子の土産物、占いなど様々な商いをする、木造や瓦ぶきの店が90店以上も並ぶ。

 最近は海外からの観光客などが…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら