[PR]

 テレビ東京系の人気番組「開運!なんでも鑑定団」に出品された焼き物が、世界最高峰の茶碗(ちゃわん)の一つとされる「曜変天目(ようへんてんもく)」の本物と鑑定された。この鑑定結果が波紋を呼んでいる。何があったのか。

 1994年に始まった「鑑定団」は同局の看板番組の一つ。系列局をまたぎ、全国区で視聴できる。一般人や著名人が自慢のお宝を紹介し、ずらりと並んだ鑑定士が本物か偽物か、鑑定額はいくらかを示す。

 騒動になっているのは昨年12月20日の放送で、徳島市の男性が出品した茶碗。戦国武将三好長慶の子孫から曽祖父が買い取ったという。和装と「いい仕事してますね」のセリフでおなじみの古美術鑑定家・中島誠之助さんが「曜変は(世界で)たった3点。しかも国宝。今日4点目が確認された」と、2500万円の鑑定額をつけた。

 実はテレ東は放送の前、「番組始まって以来 最大の発見!」と題したニュースリリースを出し、「4点目の曜変天目茶碗がスタジオに出現した」などとPR。徳島新聞が1面で報じ、徳島県は文化財指定を視野に調査に乗り出した。

 オークション大手では昨年、曜変に次ぐとされる「油滴天目」に約12億円の値がついた。放送後、「安過ぎる」「話にならない」といった投稿がネット上を飛び交い、持ち主は1月、「脅迫めいた声まで届くに至った」と茶碗を外部に出さないと表明。県も調査中断を余儀なくされた。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら