学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、籠池泰典理事長夫妻が自民党の鴻池祥肇(こうのいけよしただ)元防災担当相に賄賂を渡そうとしたとして贈賄(申し込み)容疑で、東京都内の会社社長の男性(69)が大阪地検特捜部に告発状を提出したことがわかった。

 3日付の告発状では、籠池夫妻が2014年4月ごろ、議員会館で、私立小学校の設立に向け、国有地を賃借もしくは購入して認可を受けるため、財務省などに対して様々な取り計らいを受けたいという趣旨で金銭か商品券の供与を申し出たとしている。鴻池氏はその場で受け取りを拒否した。

 森友学園の代理人弁護士は2日、朝日新聞の取材に「渡そうとしたのは商品券。国有地の件とは関係なく、日頃からお世話になっているあいさつの意味だった」と話した。