[PR]

 東京五輪マスコットの選考方法を検討する会議が6日、東京都内であり、マスコットの名称案をプロに立案してもらうことを決めた。マスコットのデザインは公募するが、名称については国内外の商標権の確認などもあることから、最終デザインが決まった後に専門家に託すことになった。実際に名称を決める過程では、マスコットの制作者も審査員として加わることを想定している。

こんなニュースも