[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件をめぐり、北朝鮮外務省は7日、北朝鮮に滞在しているマレーシア国民の出国を一時的に許可しないと在北朝鮮マレーシア大使館に通報した。朝鮮中央通信が7日、報じた。

 マレーシアと北朝鮮は殺害事件をめぐり、相手国の大使をそれぞれ国外追放処分にしている。朝鮮中央通信によると今回の出国禁止は「事件が公正に解決され、マレーシアに滞在している北朝鮮の外交官と国民の安全が完全に保証されるまで」続けられるという。北朝鮮に滞在するマレーシアの外交官や国民は出国禁止措置が続く間も従来通りの活動を続けられるとした。

 一方、マレーシアのザヒド副首相兼内相は7日、地元メディアに対し、同国内の北朝鮮大使館職員の出国を禁じる対抗措置をとったことを明らかにした。(ソウル=東岡徹

こんなニュースも