[PR]

 2016年に九州から入国した外国人は約372万人で、5年連続で過去最高となった。前年より約31%増えており、ほとんどをアジアからが占めている。熊本地震の発生直後にはキャンセルなどの影響が出たが回復し、年間ではクルーズ船の相次ぐ寄港や、格安航空会社(LCC)の就航などから大幅な増加となった。

 九州運輸局が7日、発表した。

 クルーズ船客は約141万人で前年よりほぼ8割増え、急増ぶりが目立っている。入国ビザの緩和やクルーズ船の大型化、寄港数の大幅な増加などが背景にある。

 クルーズ客については国・地域…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら