[PR]

 地面や岩にへばりつくように生えるコケ。地味な植物だが、世界に約2万種もある。このコケに特化した世界でも唯一という研究所が、宮崎県日南市にある。

 「地元でもそれほど知られていないんです」と市の広報担当者。さっそく、研究所に向かった。武家屋敷が並ぶ県内有数の観光地・飫肥地区の目抜き通り。コケと同じ緑色の民家風の2階建て建物に「服部植物研究所」の小さな木の看板がかけられていた。

 案内してくれた職員の南寿(なす)早苗さん(56)は「保管するコケの標本数ではおそらく世界一」。世界中の標本約48万点を保管し、世界で出版されたほぼすべてのコケ関係の書籍約2万4千点も収蔵。そばには標本庫や書庫もある。

 世界有数の研究所が日南にあるのは、「コケ博士」こと服部新佐(しんすけ)博士(1915~92)の郷里だったからだ。博士は東京帝大理学部在学中にコケに魅せられた。研究するなかで「分類どころか名前すらついていないコケが多い」と実感。家業の林業を継ぐため地元に戻ったが、研究は続けた。

 会社事務所の建物を改装し、1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら