[PR]

 ゲーム雑誌「ファミ通」を発行するカドカワは7日、任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が3日の発売から3日間で推計33万637台売れたと発表した。2012年12月に出た前機種「Wii(ウィー) U(ユー)」並みの売れ行きで、06年12月発売のWiiには届かなかった。

 全国約3600店の販売データを元に、国内の販売台数を推計した。過去の任天堂の据え置き型ゲーム機の発売後2日間の実績は、Wiiが37万1936台、Wii Uは30万8570台。14年2月に登場したライバルのソニーのプレイステーション4は32万2083台だった。

 世界で1億台以上売れたWiiは、国内では発売6週目で100万台、60週目で500万台を超えた。スイッチについて任天堂は3月末までに世界で200万台を出荷する計画で、年末までに売り出す主なソフトを発表している。(伊沢友之)