大阪府議会で7日、豊中市の国有地を取得した学校法人「森友学園」(大阪市)が4月に開設予定の小学校をめぐり、自民党府議が「学園の小学校設置が妥当か否か、答えはおのずと明らかだ」と認可に否定的な考えを述べ、教育長に「賢明な判断を」と求めた。府議会の自民は、大阪維新の会との関係から「野党」の立場を取っている。

 自民の西野茂府議は一般質問で、学園が運営する幼稚園の運動会で、園児に「安保法制、国会通過良かったです」と宣誓させたことを問題視。西野氏は「言葉の意味もまだ十分理解できていないであろう幼稚園児に、政治的思想を一方的に唱和させることが果たして『教育』と言えるのか」と指摘。「理解もできない言葉や思想を一方的に園児に押しつけるのは、非常に問題」と批判した。西野氏は要望のみで、教育長らの答弁は求めなかった。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら