[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場になる新国立競技場で、陸上競技時に選手が練習するサブトラックなど仮設施設の整備費の試算が約100億円に上り、当初想定の2倍超になっていることが8日、関係者への取材で分かった。費用負担の議論はこれからで、サブトラックは常設にすべきだとの意見もあり、大会後の姿も不確かなままだ。

 大会組織委員会は昨年末、仮設施設の整備費が当初想定の約4倍にあたる約2800億円との試算を公表した。このうち、サブトラックなど新国立の仮設施設は当初想定の38億円の2・6倍にあたる約100億円になった。当初の見積もりの甘さや旧計画が白紙撤回されたこと、建設費の高騰が原因という。

 組織委は仮設施設整備費について都、国、開催自治体も負担するよう提案。都外の施設については協議が始まったものの、新国立は手つかずだ。組織委幹部は「新国立の付帯施設なので、国が負担すべきだとの考えもある」と言い、負担を避けたい国との調整が必要になる。

 そもそも、話を進めようにも、…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら