[PR]

 最後の被爆地・長崎から世界で最初に無差別爆撃を受けたゲルニカへ――。原爆で倒壊した浦上天主堂の「被爆マリア像」のレプリカが4月、海を渡り、スペインのゲルニカに贈られる。カトリック信徒で被爆者の西村勇夫(いさお)さん(83)=長崎市=が制作。「世界の人々に核廃絶と平和を訴えてほしい」との思いを託す。

 被爆マリア像は原爆で破壊された浦上天主堂のがれきの中から見つかった。残っているのは頭部の30センチほど。ほおは黒く焦げ、水晶が埋められていた両目は空洞になっている。

 ドイツ軍によるゲルニカ爆撃から80年となる4月、現地で記念式典があり、長崎の被爆者やカトリック信徒らも参加する。長崎からの訪問団が被爆マリア像のレプリカを現地の教会へ贈ることになり、西村さんは、カトリック長崎大司教区の高見三明(みつあき)大司教からレプリカ作りを依頼された。

 教会の祭壇や調度品を作る指物師の西村さん。これまで被爆マリア像の修復を手がけたことはあったが、レプリカ作りは初めて。「多くの方の目に触れることは意味がある。マリア様が核廃絶と世界平和を伝えてくれるのであれば」と引き受けた。

 西村さんは、原爆をかろうじて…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら