[PR]

 三井住友銀行の外貨取引システムを悪用して同行から約9億6700万円をだまし取ったとして、電子計算機使用詐欺の罪に問われた同行大森支店元副支店長、南橋浩被告(55)=懲戒解雇=に対し、東京地裁は9日、懲役8年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。有賀貞博裁判長は「役職上与えられた権限を悪用した犯行で、常習性も顕著だ」と非難した。

 判決によると、南橋被告は2011~16年に96回にわたり、支店にある端末機を操作して「1ドル=10円」などの異常な円高となるレートで自分が管理する架空の会社名義の外貨預金口座への入金額を水増しし、だまし取った。南橋被告は預金などから約5億5千万円を同行に弁済したが、有賀裁判長は「責任に見合った期間の実刑は免れない」と述べた。