[PR]

 9日の東京株式市場は買い注文が先行している。午後1時時点の日経平均株価は、前日の終値より26円11銭高い1万9280円14銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同1・74ポイント高い1551・99。午前の終値は、日経平均が同29円07銭(0・15%)高い1万9283円10銭。TOPIXは同2・20ポイント(0・14%)高い1552・45。出来高は7億9千万株。

 外国為替市場で円安ドル高が進み、採算改善が期待される輸出関連株を中心に買い注文が膨らんだ。一方、前日の米国市場で原油先物価格の下落を受けてダウ工業株平均が値下がりしたことが、日本株の売り要因になり、日経平均が上げ幅を縮める場面もあった。

こんなニュースも