学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池(かごいけ)泰典理事長の妻が、同学園が運営する幼稚園の副園長と、別の社会福祉法人が運営する保育園の園長を兼任していたことがわかり、大阪府と大阪市は、専従した場合に受け取れる補助金などを不正に受給していた疑いがあるとして調査を始めた。不正と認定すれば、市は約1千万円、府は363万円の返還をそれぞれ求める方針。

 市保育企画課によると、保育園は、籠池氏が代表を務める社会福祉法人「肇國舎(ちょうこくしゃ)」が運営している。市は保育園に対し、常時専従している園長を置く場合に加算される委託費の「所長設置加算」を2015年度に562万円、16年度に509万円支給した。

 一方、府私学課によると、府は幼稚園に対し、専従の副園長を配置していることへの補助金として、2015年度に180万円、2016年度に183万円を支出したという。

 しかし、籠池氏の妻が保育園で園長、幼稚園で副園長を務めていることがわかり、市は「幼稚園の副園長との兼務は違反の可能性がある」として勤務実態を調べる。府も関係書類などを調査するという。違反が確認されれば、返還を求めるという。

 幼稚園は府の所管で、市の担当者は、最近の報道などで、籠池氏の妻が幼稚園の副園長も務めていることを知ったという。

 市の資料によると、保育園は10年4月に認可を受けた。定員は65人、16年度の園児は0~5歳の51人。