[PR]

 北野天満宮(上京区)の本殿前にある紅梅「紅和魂梅(べにわこんばい)」。この御神木が、江戸時代前期に接ぎ木された可能性が高いことがわかった。天満宮の依頼で、住友林業(本社・東京)がこの木のDNA型を分析したところ、350年以上前に接ぎ木されたとみられることがわかったという。

 住友林業は天満宮の依頼を受け、花の色が薄くなるなど「老化」が進む紅和魂梅を後世に引き継ぐための研究に取り組んでいる。昨年春に、この木のDNA型を分析したところ、葉と根がそれぞれ違う遺伝子型を持っていることが判明。約2・7メートルの幹回りや約5メートルの樹高などから、約350~400年前に接ぎ木された可能性が高いという。

 北野天満宮の祭神・菅原道真が左遷された大宰府(福岡県)には、道真を慕って京都から飛来したと伝わる白梅「飛梅(とびうめ)」がある。紅和魂梅は、この飛梅と同じ種だと伝わる。住友林業は今後も紅和魂梅の研究を続け、由来などを調べるという。

 住友林業はすでに2015年に…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら