[PR]

 「日本サッカーに革命を起こす」。そう語る日本代表のハリルホジッチ監督が見据えるのは、W杯アジア予選突破は当然、本大会での上位進出だ。それには何を、どう伸ばすのか。監督自らが持ち出した、就任から20試合分の国際Aマッチの1試合平均データを元に、目標値を探った。

 元FWの監督が不満を感じているのが、42%という枠内シュート率。50%超を目標に掲げた。2014年ブラジルW杯で優勝したドイツの枠内シュート率は72%。ゴール前の精度で、強豪と大きな差がある。

 シュート数が1試合平均22本の今は、枠内率が低くても点が取れる。ただ今後、強豪国との対戦や拮抗(きっこう)した試合が増えればシュートチャンス自体が減るだろう。2本に1本は枠内に飛ぶようにならなければ、格上とまともに戦えない。

 クロス成功率も低い。上がった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも