[PR]

 岸田文雄外相は10日、韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が憲法裁判所から罷免(ひめん)を宣告されたことを受け、外務省で記者団の取材に応じた。朴政権とまとめた慰安婦問題をめぐる日韓合意について、岸田氏は「両国政府が誠実に履行するべく努力しなければならない課題だ。韓国にも誠実な履行をこれからも求めていきたい」と強調。新政権にも引き続き履行を求める考えを示した。

 岸田氏はまた、「北朝鮮問題などを考えても、日韓の協力、連携は地域の平和と安定において不可欠。新政権とも様々な分野で協力を進めていかなければならない」とも語った。

 首相官邸幹部は日韓合意について、「約束したことは守ってもらわないといけない。韓国に対する日本の方針は変わらない」と語った。ただ、外務省幹部は「朴氏の罷免が対外関係に影響を与えることは間違いない」とし、状況を慎重に見極める必要があるとの考えを示した。

こんなニュースも