[PR]

 河村たかし名古屋市長は10日の市議会で、市役所や名古屋城の最寄り駅である市営地下鉄名城線「市役所」駅について「『名古屋城』と大きく書かないかん」と述べ、駅名変更の意欲を明らかにした。上園晋介市議(民進)の質問に答えた。

 河村氏は「大至急やる。その代わり木造復元を賛成して下さい」と、持論の名古屋城天守木造化の議決を求めた。市の試算では、駅名変更をする場合、施設改修などに約3億6千万円が必要。有識者会議にも諮るため、仮に変更を決めたとしても実現時期は未定という。

 木造化について民進は自民、公明と歩調を合わせ、関連予算案を継続審議にしてきた。だが上園氏は質問で、「木造復元を進める上で、年360万人以上の入場者数を継続しなければならない」と木造化を前提にしたような発言をした。議会後、「木造化には大きくかじを切っている」と記者団に話し、木造化自体には反対しない姿勢を強調した。(関謙次)