【動画】森友学園の籠池泰典理事長が会見=伊藤進之介撮影
[PR]

 いくつもの疑問が解明されないまま、小学校の設置認可を求めた申請が取り下げられた。「なにも疑惑はない」。学校法人「森友学園」の理事長は10日の記者会見で言い、問題を報じてきたメディアへ批判の矛先を向けた。突然の撤退表明に対し、「これで幕引きにしてはならない」という声が広がった。

 「苦渋の決断であります。涙が出るような気持ちであります。もう少し温かい目で見て頂きたかった」

 小学校の設置認可申請を取り下げた後の10日夕、記者会見に臨んだ学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池(かごいけ)泰典理事長は、約1時間半にわたり、マイクを通じて声を張り上げた。

 会見場は学園が運営する幼稚園(同市)の多目的室。籠池氏は150人ほどの報道関係者を前に、やや充血したように見える目を向けながら、国有地の取得や建築事業費にからむ数々の疑惑を改めて否定した。

 籠池氏は小学校建設をめぐる問題について「(校舎の)建物もでき、さあこれから、という時に『爆弾』が炸裂(さくれつ)した」と説明。報道が過熱しているとして「子どもさんがたの身の安全、そして保護者のプライバシー」を考慮して取り下げを判断した――と述べた。

 一方で、「再びチャレンジはさせて頂きます」「延期ですよ。開校の延期」「(私は)まだ若い」などと述べ、今後も小学校開校をあきらめない考えを強調。学園の理事長職の退任は明言したが、今後も「何らかの形で学園に関わり、理念の継承をしっかりしていきたい」と述べ、幼稚園の運営についても関わり続ける考えを示した。

 鑑定価格より大幅に安く学園側が国有地を取得した経緯については、籠池氏は「何も疑惑はない。(政治家に)口利きはしてもらっていない」と気色ばんだ。

 学園側が土地交渉をしていた時期、自民党参院議員の鴻池祥肇(こうのいけよしただ)・元防災担当相の事務所に働きかけをしたとされる問題に質問が飛ぶと、籠池氏は「『マンション買いたいな』となれば不動産屋に入りませんか。『これはどこに行ったらいいんでしょうね』と。その程度」。国会で籠池氏と距離を置く答弁をした稲田朋美防衛相については「志は一緒ですから、色々お会いする機会は以前はたくさんあった」、安倍晋三首相には「会ったことありますよ。街頭演説とかで。幼稚園にお越し頂いたことはない」などと語った。

 土地の契約には、今月末までに小学校が開設されなければ国が買い戻す特約がついている。学園側は原則、土地を元の状態に戻す必要があるが、籠池氏は土地の利用について「あきらめていませんからね」。ほぼ完成した建物についても「我々が造り上げてきた。つぶしてしまったらいかんと思う。つぶさない方向で考えたい」と述べた。

 建築事業費に関して、23億8400万円~7億5600万円の3通りの契約書がある問題については、籠池氏はいずれの契約書も自ら押印したと認めたが、偽造は否定した。

 また、籠池氏は会見で新聞・テレビの取材や報道も批判。会見に同席していた籠池氏の長男が一連の問題について根拠を示さずに「共産党と朝日新聞が連動して事態が勃発した」などと述べる場面もあった。

     ◇

 〈元文部科学省官房審議官で、京都造形芸術大学教授の寺脇研さんの話〉 小学校の設置認可申請の取り下げと理事長の退任で、今回の問題を幕引きにしてはいけない。理事長の主張に共感し、講演を引き受けた政治家がいた。建築費が異なる契約書が出されていたのに「官の縦割り」で発覚しなかった。なぜ国有地が格安で売却されたのか。誰かが指示したのか。疑惑がいくつも解明されておらず、国会で追及を続けるべきだ。

 理事長が退任しても学校法人「森友学園」と幼稚園は残る。子どもに教育勅語を暗唱させる行為は教育基本法に反している。大阪府教育庁は徹底的に調べ、文科省とともに是正勧告などの措置を検討する必要がある。