[PR]

 名古屋ウィメンズマラソン2017は12日、今夏の世界陸上選手権(ロンドン)の代表選考会を兼ね、ナゴヤドームを発着点にする42・195キロで行われ、初マラソンの22歳、安藤友香(スズキ浜松AC)が2時間21分36秒で2位に入った。初マラソン日本最高で日本歴代4位の好記録。日本陸上競技連盟が定めた世界選手権の派遣設定記録(2時間22分30秒)を上回ったことから代表に内定した。

 2016年リオデジャネイロ五輪銀メダリストのユニスジェプキルイ・キルワ(バーレーン)が、大会新の2時間21分17秒で3連覇を達成した。前身の名古屋国際女子マラソンも含めて3連覇は初めて。清田真央(スズキ浜松AC)が2時間23分47秒で3位に入った。

 (スタート時の天気は晴れ、気温10・0度、湿度54%、北北東の風0・3メートル)

     ◇

 〈初マラソン日本最高記録をマークした安藤友香の話〉 思い切ってレースしようと思っていた。キルワについて行かないと世界で勝負できないと(自分を)奮い立たせた。(初マラソン日本最高は)実感がないがホッとした。今のままでは世界で戦えないので、もっと磨いて勝負したい。

■女子マラソン日本歴代…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも