[PR]

 10メートルにおよぶ火柱、一帯を包み込む猛煙――。12日未明、愛媛県松野町豊岡の障害者グループホーム「ひだまりⅢ」で起きた火災で、3人の命が奪われた。連絡が取れない、入居者の男女3人とみられる。障害者や高齢者向け施設での惨事がまた、繰り返された。

 「防災無線で火災を知った。助けようとしたが、施設に近づこうにも熱さでどうしようもなかった」。数軒隣に住む向井勝さん(69)は激しい火勢の恐怖を語った。別の男性(66)は「火柱は10メートル、煙は30~40メートルにも達していた」と語った。

 現住建造物等放火の疑いで逮捕された入居者の善家千文(ぜんけ・ちふみ)容疑者(49)は県警宇和島署の調べに「自室で火を付けた」と話しているという。施設は平屋建てで、定員ちょうどの8人が各個室で暮らしていた。署によると、約5年前に入居した善家容疑者は北東の角部屋で生活。遺体は向かい合う3部屋で見つかった。

 地元の鬼北消防署によると出火当時、火災報知機は正常に作動していた。だが、スプリンクラーはなかった。2013年2月に認知症の高齢者が入居するグループホーム「ベルハウス東山手」(長崎市)で5人が死亡した火災を受け、総務省消防庁は消防法施行令を改正。障害の程度を6段階で示す「障害支援区分」で4以上の入居者が8割を超える施設などにスプリンクラー設置を義務づけた。

 だが「ひだまりⅢ」はその割合に達しておらず、設置義務の対象から外れていた。施設側は割合が上がることも想定し、今春の設置を目指して取り付け工事を進めていたところだった。

 県によると、ひだまりⅢは障害…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら