[PR]

 中国からの渡航者が持ち込もうとした肉から高病原性鳥インフルエンザウイルスが見つかった。空港などの検疫の現場では、犬を使った水際対策などが取られているが、没収できるのはごく一部とみられる。

 3月上旬、羽田空港国際線ターミナルの入国検査場。上海と北京からの便が相次いで到着すると、動物検疫所羽田空港支所の本田省吾・家畜防疫官(33)が、検疫探知犬を連れて回った。犬が渡航客の荷物をかぎ分けながら進むと、若い男女の荷物を載せたカートの前で止まり、静かに座った。「発見」の合図だ。

 別の防疫官が窓口まで案内し、四つのトランクを開けると、ソーセージや豚肉などが出てきた。法律で許可のない輸入は禁じられており、その場で没収。同支所の角田隆則次長は「トランク一つ分持ち込もうとして没収される人もいる」という。この2便だけで、探知犬はベーコン入りのパンやマンゴー、リンゴなど6点を見つけた。税関の検査で持ち込みがわかった肉類もあった。ただ、犬がチェックできるのは一部で、中身のわからないまま通過する荷物が後を絶たない。

 検疫探知犬は2005年に国内…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも