[PR]

 北陸新幹線の長野―金沢間開業から14日で2周年を迎えた。金沢の観光地の人気はいまだ勢いは衰えない。金沢21世紀美術館では高い集客力ゆえの思わぬ余波も表れている。ただ、JR西日本によると乗客数はやや減っている。富山では「新幹線効果」に陰りが見えている。

 金沢市の観光名所の一つ、金沢21世紀美術館では、新幹線開業後の昨年度の来場者数は前年度より3割も増えて237万人を記録。2004年の開館以来最多となった。今年度は今月12日の時点で240万人が訪れた。経営情報誌を出版する綜合(そうごう)ユニコム(東京)の調査では昨年度、全国の主要な美術館・博物館では1位。絶好調の一方、観光客増加で美術館を囲む芝生のはげ方が激しくなる想定外の事態が起きている。

 同館は建築家の妹島和世さん、西沢立衛さんの建築ユニットが手がけた丸い建物で金沢のランドマークでもある。特に、芝生のはげ具合が激しいのは兼六園方面の北東側だ。「開館当初は緑色だった。5、6年前から芝生がはがれているのが目立ち始め、新幹線開業後に激しくなった」と、同館の落合博晃広報室長。観光客が続々と歩いて来るため芝生がはがれてしまうらしい。

 来場者がシートに座って昼ご飯を食べるなど、憩いの場にもなる芝生。その状態を見かねた市は開館以来初めて本格的な改良工事を施そうと新年度予算案に3900万円を計上した。今年12月から来年3月にかけて傷みの激しい約1500平方メートルの土を入れ替え、新たな芝を植え付ける予定だ。

 市文化施設課の担当者は「街に開かれた公園のような美術館が当初のコンセプト。透明な美術館の中から見ても青々とした芝生が広がる、開館当初の姿を取り戻してほしい」と話す。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら