天皇陛下は14日、来日しているサウジアラビアのサルマン国王をお住まいの御所に招き、昼食を共にした。

 サルマン国王は午後0時15分ごろ、ベンツで車寄せに到着。出迎えた天皇陛下に「陛下にお会いできて心からうれしく思います」「第二のふるさとである日本を訪れることができ、大変うれしく思っております」と話し、陛下は国王と笑顔で握手を交わした。

 サルマン国王は12日夜に羽田空港に到着し、皇太子さまが出迎えた。サルマン国王は皇太子時代の2014年にも来日したが、その時も皇太子さまが羽田空港で出迎えていた。

 1971年5月、当時のファイサル国王が来日した際は、昭和天皇が羽田空港で出迎えたほか、皇居・宮殿で歓迎の宮中晩餐(ばんさん)会を開いた。