安全管理を怠り、昼寝をしていた1歳2カ月の男児を死なせたとして、大阪府警が14日にも、認可外保育施設「たんぽぽの国」(大阪市淀川区)の当時の男性施設長(44)と60代の女性保育士、40代の女性職員の3人を、業務上過失致死の疑いで書類送検する方針を固めたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、3人は昨年4月4日午後、施設で昼寝する男児から目を離し、死なせた疑いがある。司法解剖の結果、男児の死因はのどに嘔吐(おうと)物を詰まらせた窒息死だった。

 当時、施設では保育士と職員の2人で子ども11人をみていた。男児は同日午後2時40分ごろ、昼寝を始めたが、同3時ごろから目を離し、同15分ごろにうつぶせの姿を確認。同25分ごろに保育士が、うつぶせでぐったりしているのに気づいたという。すぐに人工呼吸し、救急搬送したが、病院で死亡が確認された。

 男性施設長には安全管理面の指示・監督不足の疑いがある。