[PR]

 「ラッパのマーク」で知られる下痢止め薬の「正露丸」に36年ぶりの新商品が登場する。カプセル入りで主成分が胃で溶ける時間を錠剤の正露丸の45分から6分に縮めた。若い世代にも手に取ってもらい、縮む市場の活性化を狙う。

 大幸薬品(大阪市)が15日、新商品「正露丸クイックC」を4月3日に売り出すと発表した。1箱16カプセル入りの希望小売価格は税別千円。1回の用量は11歳以上が2カプセル、5歳以上11歳未満が1カプセル。主成分「木(もく)クレオソート」を液体のままカプセルに閉じ込めることで、独特のにおいを抑え、胃ですばやく溶けるという。

 新商品は1981年の「セイロガン糖衣A」以来。丸剤、錠剤だけだった正露丸に新タイプが加わるのは、51年ぶりのことだ。

 正露丸は、日露戦争が始まる2…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら