[PR]

 北朝鮮国連代表部のキム・インリョン次席大使は13日、米ニューヨークの国連本部で会見し、金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏殺害事件について「徹頭徹尾、米国と南朝鮮(韓国)当局による無分別な策動」などと主張した。北朝鮮の外交官が国連で会見するのは最近では珍しい。

 事件では猛毒の神経剤VXが使用されたとされる。キム氏は、実行犯とされる女に影響が出ていないとしてこれを疑問視しつつ、VXなどの化学兵器は米韓が保有していると主張。米韓が北朝鮮のイメージをおとしめ、体制を転覆しようと狙っていると決めつけた。北朝鮮の朝鮮中央通信は1日に事件についての記事を配信しており、発言はこの記事に沿った内容だった。

 一方、北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐっては、米国などに対する自衛措置と強調。ほかの国も核やミサイルを開発しているとして国連安全保障理事会の制裁決議は「二重基準」だと主張した。その上で、国際法専門家のフォーラムで適法性を議論するよう求めた。(ニューヨーク=鵜飼啓