[PR]

 法定時間を超えて留学生を働かせたなどとして、大阪府警は14日、大阪・新世界やミナミなどに出店する串カツ店「だるま」の運営会社「一門会」(大阪市浪速区)の上山(うえやま)勝也社長(55)=同市中央区=や幹部ら計6人と、法人としての同社を出入国管理法違反(不法就労助長)の疑いで書類送検し、発表した。

 上山社長は「留学生の就労制限を守るよう指示していたが、守られているかは確認していなかった」と話し、あとの5人も容疑を認めているという。

 天王寺署によると、上山社長らは2015年9月~16年11月、大阪市内の5店舗でベトナムやミャンマー国籍の留学生ら男女17人をアルバイト従業員に雇い、週28時間の法定時間を超えて働かせるなどした疑いがある。週72時間働いていた留学生もいたという。同署は同法違反(不法就労)の疑いで留学生の男女ら3人を逮捕、14人を書類送検した。

 同社は1929年創業。大阪府で13店舗、兵庫県で1店舗を展開。取材に「社長が海外出張中で、今は何もお答えできない」としている。