[PR]

 兵庫県尼崎市のあましんアルカイックホールで18日開かれた第40回全日本アンサンブルコンテスト(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)に府内からは関西支部代表として高校の部に近大付属高(打楽器七重奏)が出場し、銅賞を受けた。

 演奏曲は、福田洋介作曲「ときのしずく」。打楽器の乾いた音を細かく重ね、民族楽器などで流れる水のような響きも交えて「時間」を織りなす様々な要素を巧みに表現した。

 トムトムを担当した辻江功君(2年)は「表情を丁寧に作ることにも力を入れました。最高の出来」と満足そうな笑み。リーダーでビブラフォンを担当した竹田淳起君(3年)も「半年前からこの曲に取り組んできました。呼吸を合わせるのが難しい曲でしたが、今日は最高の出来です」と仲間たちをねぎらった。