[PR]

 黒煙が上がった直後、爆音がとどろき体が震えた。過激派組織「イスラム国」(IS)の最大拠点イラク北部モスルに入ると、イラク軍などによる奪還作戦が「最終局面」(同軍幹部)に向かっていることがわかる。世界を揺るがせた過激派組織は包囲され、瀬戸際に追い詰められていた。

 イラク第2の都市モスルの奪還作戦は昨年10月に始まり、今年1月、東部が解放された。朝日新聞記者は12、13両日、イラク軍に同行して市内に入った。

 チグリス川東岸に立つ廃虚となったホテルのベランダから、ISが占拠する西部が見渡せる。防弾チョッキの着用を条件に内部に入ることが許された。階段で5階まで上る。兵士から注意を受けた。「川向こうのISに狙撃される恐れがある。ベランダに出るときは、柱に身を隠せ」

 西部に向けて砲弾が発射され、川を挟んで1キロほど先に着弾した。イラク軍側は現在、西部市域の7割近くを制圧。IS戦闘員は500人を切ったとされるが、自爆攻撃などで徹底抗戦の構えを崩していない。西部には70万人近くの住民がとどまっているとされ、戦闘の合間を縫って脱出する人の波が絶えない。

 《記者はイラク軍当局の許可を得たうえで、モスルに入った。取材には軍当局者が同行したが、取材内容への干渉、検閲は一切受けていない。軍事作戦が進行中の地域には立ち入っていない。安全確保のため、朝日新聞バグダッド支局のイラク人スタッフとともに、取材地域の情報収集に努めた》

 チグリス川に沿って車で南下し、橋を渡って西部に入った。IS支配地域まで2キロほどの地点に到着した。一帯は数日前、イラク軍側が奪還したという。

 「アラーのほかに神なし。ムハンマドはアラーの使徒」。かつてモスルの案内板が掲げられていた場所に、ISが使う黒旗をあしらった看板があった。

 スローガンも書いてある。奪還後に一部が消されたり、上書きされたりして判読しづらいが、「イスラム国 カリフの統治は預言者の道」と読める。イスラム教の預言者ムハンマドの死後、イスラム共同体の「カリフ」(後継者)に率いられた国家の「再興」を自称する内容だ。

 さらに100メートルほど進むと、集落の広場に黒く焦げたものが横たわっていた。遺体だった。IS戦闘員が自爆したという。

 ここはISが拠点としていたモスル空港に近い。戦闘で周囲の建物の多くが破壊されている。西部への幹線道路は、3月中旬までにすべてイラク軍側に制圧された。IS戦闘員は包囲され、外部からの補給路はほぼ断たれた形だ。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら