[PR]

 15日早朝、滋賀県湖南市平松の木造平屋建て住宅付近から出火し、この住宅約100平方メートルとプレハブ小屋約30平方メートルが焼けた。県警によると、この住宅と小屋はオウム真理教から派生した「アレフ」の関連施設で、けが人はいなかった。

 現場はJR草津線甲西駅から約3キロ南西にある住宅街の一角で、午前5時40分ごろに近隣住民から119番通報があった。県警によると、住宅では信者が出入りし、DVDや輸入雑貨などを販売する会社を経営していた。出火当時は誰もいなかったといい、県警が出火原因を調べている。