[PR]

 北九州市小倉北区の八坂神社で4月1日、神社の創建400年を記念し、横綱日馬富士(32)=伊勢ケ浜部屋=が土俵入りを奉納する。境内の特設会場には招待客を含め2千人が入場できるという。巫女(みこ)舞や小倉祇園太鼓の奉納もあり、にぎやかな年度初めになりそうだ。

 日馬富士の土俵入りは両手を広げてせり上がる不知火(しらぬい)型。八坂神社によると、同神社での横綱の土俵入り奉納は初めてという。

 観覧希望者に当日午前9時から、小倉城庭園側の正門付近で整理券を配る。日馬富士は同11時すぎ境内に入り、本殿で参拝した後、横綱を締める。その間、昨夏の小倉祇園太鼓競演大会大人組で優勝した金田第一町内会を中心とする精鋭が伝統のバチさばきを披露する。土俵入りは午後0時20分からの予定。(貞松慎二郎