[PR]

きょうも傍聴席にいます。

 不倫相手の女性にマンションを買い与え、自宅には現金3億円を秘匿。気づけば勤務先の銀行から着服した金は約11億円にのぼっていた――。勤続37年、メガバンクの副支店長だった男(55)の金銭感覚はなぜおかしくなったのか。

 2016年12月22日、東京地裁の810号法廷。黒のスーツに短髪の被告が、刑務官に伴われて法廷に入ってきた。被告は半年前までメガバンクの副支店長を務めていた。傍聴席には銀行関係者も姿を見せ、被告は神妙な顔で頭を下げた。裁判長から起訴内容について尋ねられると、「間違いありません」と答えた。

 被告は11~16年、支店にあるオンライン端末機を96回にわたって不正に操作し、約9億6700万円をだまし取ったとして電子計算機使用詐欺の罪で起訴された。銀行の内部調査によると、ほかに約1億円が時効となっており、だましとった総額は約11億円にのぼるという。

 冒頭陳述などから事件の経緯をたどる。

 被告は鹿児島県生まれ。生家の家計は苦しかったという。被告人質問。

 弁護人「実家の経済状態は」

 被告「あすのご飯を食べるのにも汲々(きゅうきゅう)としていた」

 弁護人「どのような子どもだったのか」

 被告「母親には迷惑をかけてはいけないと思い、おねだりをしませんでした」

 弁護人「高校は?」

 被告「奨学金とアルバイトです。普通に生活する同級生がうらやましかったです」

 1980年に地元の高校を卒業し、都市銀行に就職した。その後、銀行は合併を重ね、メガバンクに。被告は主に関東地方の支店に勤め、支店の課長、部長、副支店長と昇進。プライベートでは、結婚し、子どももできた。

 弁護人「東京に来て、ほかの人の生活はどう映ったか」

 被告「うらやましいと思いました。劣等感と嫉妬です」

 弁護人「支店での生活は」

 被告「部下におごったり、ごちそうしたりしていました」

 弁護人「飲み会は?」

 被告「毎日です」

 被告は金があるように振る舞った理由について、「見えです」と答えた。

 弁護人「おごっていくうちにどうなった」

 被告「収入では返済できない借…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら