[PR]

 オリエンタルランドの労働組合は4月から、運営する「東京ディズニーリゾート(TDR)」で働くアルバイトら非正規従業員約1万9千人を組合員にする。組合員数は、正社員のみだった2900人から7倍超に膨らむ。これだけ一気に迎え入れるケースは珍しいという。

 同社が入社時に労組への加入を義務づけている対象を、非正規従業員にも広げる。労使は2月、そのために労働協約を改定することで合意していた。

 オリエンタルランドで雇用されている約2万3千人のうち、8割が非正規従業員。ほとんどがアトラクションの運行や、飲食店での接客、清掃などで働いている。組合側は4月以降、アルバイトの時給アップやシフト制度改善、育児・介護への配慮も経営側に求めていく方針だ。

 経営側は「今後も採用環境は厳しくなる。雇用区分に関係なく従業員の声を聞くことは会社側にもメリット」(広報)としている。人手不足が進んでおり、せっかく仕事に慣れた非正規従業員をつなぎとめたい狙いもありそうだ。