皇太子さまが4月中旬にマレーシアを訪問する方向で調整していることが、関係者への取材でわかった。13~17日の日程で検討しており、日本との外交関係樹立60周年を迎える関連行事などに出席する予定。療養中の雅子さまは同行しない見通し。

 天皇陛下が昨年8月に退位の意向をにじませるお気持ちを表明後、皇太子さまの外国訪問は初めて。次の皇位継承者として、マレーシアでも注目されそうだ。

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が殺害される事件が同国であり、旅程は慎重に検討されたが、影響はないと判断したとみられる。関係者によると、皇太子さまは首都クアラルンプールで関連行事に出席する予定。同月20日には天皇、皇后両陛下が主催する春の園遊会があるため、比較的短い日程になったとみられる。

 皇太子さまの外国訪問は、2015年11月に国連「水と災害に関する特別会合」の開会式や国連「水と衛生に関する諮問委員会」最終会合などに出席するため米国を訪れて以来。