兵庫県尼崎市のあましんアルカイックホールで18日開かれた第40回全日本アンサンブルコンテスト(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)に県内からは東海支部代表として中学校の部に松本市立鎌田中(木管八重奏)が出場、銀賞を受けた。

 プレトリウス作曲「テレプシコーレ舞曲集」を演奏。体全体でリズムを取りながら、8人が息を合わせて格調の高いメロディーを響かせた。全員で一つの音楽を表現することを目標に練習を繰り返してきたという。拍手を浴びてステージを降りると、感極まって涙ぐむ生徒もいた。

 フルートを担当する藤原香乃さん(2年)は「先生や先輩、父母に感謝の気持ちをこめて、力を出し切った」とすがすがしい表情をみせた。