【動画】大阪府警の警察官が薬物使用が疑われた男を令状提示前に転倒させ、覆いかぶさるなどして制止する様子。被告側関係者から提供された
[PR]

 薬物の使用を疑われた男が突然、走り出す。後を追った巡査長は足をかけて倒し、覆いかぶさった――。「捜索差押令状」が示されない段階でのこうした行為の違法性が争われた公判の判決が24日、大阪地裁である。大阪で職務質問への「妨害」行為が相次ぐ中、司法判断が注目される。

 起訴状によると被告(55)は昨年6月、大阪市生野区の違法カジノ店で覚醒剤を使用したとされる。尿から覚醒剤が検出され、被告も公判で使用を認めた。

 経緯はこうだ。昨年6月16日…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら