[PR]

 2014年に米ネット大手ヤフーがサイバー攻撃を受け少なくとも5億件の個人情報が流出した事件で、米司法省は15日、ロシアの情報機関要員を含む4人を起訴したと発表した。

 起訴されたのは、ロシアの連邦保安局(FSB)の要員2人とハッカー2人。FSBの2人は、サイバー事件などを捜査する「FSB情報セキュリティーセンター」に所属している。2人が報酬を支払い、ハッカーに指示したという。

 盗まれた情報は、利用者の名前やメールアドレス、生年月日、電話番号、パスワード関連の個人情報など。司法省は、4人が米国の外交や軍事に携わる政府当局者の情報のほか、ロシアのジャーナリストも標的にしていたとしている。

 ハッカーの一人は、これまで米民間企業へのサイバー攻撃を巡って米国で2回起訴されている。今回、指示されたハッキング行為に加え、クレジットカード情報なども利用者のアカウントから探し出し、利益を得ようとしていたという。(ワシントン=杉山正)

こんなニュースも