[PR]

 女子高生の体を無理やり触ったとして、警視庁は、当時高校1年の少年(15)=千葉県流山市=を強制わいせつ未遂容疑と東京都迷惑行為防止条例違反の疑いで再逮捕し、16日発表した。容疑を認めているという。JR常磐線沿線の駅近くで昨年11月以降、女性が体を触られる事件が数件相次ぎ、警視庁が捜査していた。

 少年事件課によると、逮捕容疑は1月19日午後7時ごろ、東京都葛飾区亀有3丁目の雑居ビルの階段で、女子高生(16)のスカートに手を入れて下着の上から体を触り、さらにエレベーター内に押し込んでキスしようとしたというもの。女子高生とは面識がなく、常磐線の電車内で見かけて後をつけていたという。

 警視庁はこれまでに少年を別の2件の強制わいせつと同致傷容疑で逮捕。少年は「自分の欲求を満たすためと、部活が上達しない気持ちを解消するために、おとなしそうな女の子を狙った」と話しているという。