[PR]

 JR東日本は16日、5月1日から運行を始める豪華寝台列車「トランスイート四季島」の車両の内部を都内で報道陣に公開した。乗車料金は3泊4日のコースで1人最高95万円(2人1室利用)などと高額だが、すでに11月末の運行分まで満席という。

 四季島は5種類の計10両から成り、客室用が2種計6両、展望用が2両、ラウンジ1両、ダイニング1両。この日は発着駅のJR上野駅で、展望用以外がお披露目された。

 どの車両も外観は淡い金色で、内装は和紙や漆、木材などを使って「和」を意識。ダイニングでは次世代型照明「有機EL」のシャンデリアが光り、客室などの通路には額縁を模した窓が並ぶ。ラウンジの壁と窓は樹木をイメージしてデザインされている。車両の製造など総事業費は約100億円という。(石山英明)