[PR]

 昨年、海外からの応募が殺到して話題になった愛知県の「徳川家康と服部半蔵忍者隊」。新メンバーを21日まで募集中だが、打って変わって応募数が伸び悩んでいる。事務局は、忍者人気からくる「人材不足」が要因の一つとみる。どういうことなのか?

 2月上旬から募集を始めて今月15日時点で10人(海外からの2人を含む)。「厳しいですね」と、事務局を務める広告会社・三晃社(名古屋市)の青木孝嗣さんはこぼす。

 忍者隊は忍者装束で観光客をもてなすのが主な任務で、2015年夏、愛知県が観光振興を狙って発足させた。戦国時代から江戸時代初期に活躍した伊賀の忍者「服部半蔵」をリーダーとする7人組。名古屋城や中部空港ほか各地で、アクロバティックなショーを開き、手裏剣の体験指導などをして人気を集めている。

 昨春、新メンバーを募集したときには、「自治体が月給制で忍者を募集している」などと海外メディアにも取りあげられ、日本人の35人を上回る約40カ国から200人が応募。海外からの「忍者人気」を改めて世間に知らしめた。

 今年は英語版の求人サイトも整…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら