[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選が23日に再開する。同日、日本代表は敵地でアラブ首長国連邦(UAE)と、28日に本拠でタイと対戦。代表で右サイドバックに定着したフランス1部リーグ・マルセイユの酒井宏樹(26)にW杯にかける思いなどを聞いた。主な一問一答は次の通り。

 ――フランスのサッカーの特徴とは。

 「一歩目のバネが違う。メチャメチャ速い。100メートルをよーいドンで走るならどうなるか分からないが、サッカーの1対1は20~30メートルで決まってしまう。僕も足は遅い方ではないと思うが、克服しようがない。フランスには、化け物がゴロゴロいる」

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも