[PR]

 アフリカ・サッカー連盟の会長選が16日行われ、マダガスカル協会会長のアハマド・アハマド氏(57)が、29年間会長に君臨してきたイッサ・ハヤトウ氏(70)=カメルーン=を34票対20票で破り、新会長に就任した。ハヤトウ氏は国際サッカー連盟(FIFA)の副会長を長く務め、2015年にブラッター前会長が不透明な金銭の授受で資格停止となった際には会長代行を務めた。2001年から国際オリンピック委員会(IOC)委員に就任したが、ワールドカップ(W杯)放映権を巡る賄賂疑惑で戒告を受けるなど、サッカー界を含めて金銭を巡るスキャンダルがつきまとった。(ロンドン)