[PR]

 アイドルのファン仲間の間で有名な存在であることを利用し、女子中学生にわいせつな行為をして撮影したなどとして、警視庁は、東京都北区田端新町3丁目、無職森川和城容疑者(38)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)の疑いで再逮捕し、17日発表した。「コンサート会場で会って自分の好みだったので誘った」と話し、容疑を認めているという。

 少年育成課によると、逮捕容疑は昨年4月23日ごろ、アイドルのファン活動を通じて知り合った中学2年の女子生徒(14)と豊島区のホテルでみだらな行為をし、その様子を録画してスマートフォンに保存したというもの。女子生徒は「(森川容疑者の誘いを)断ると、アイドルファンとしての活動ができなくなると思った」と話しているという。森川容疑者のスマートフォンには、他にも複数の少女とみられるわいせつな画像が保存されており、同課で調べている。

 同庁や本人のブログやツイッターによると、森川容疑者は約4年前から、きゃりーぱみゅぱみゅさんなど、複数のアイドルのコンサートやイベントに頻繁に通うようになり、一部のファンの間では、有名な存在になっていたという。