[PR]

 オール電化設備を販売する際、「光熱費の節約額でローンが払える」とうその説明をしたとして、消費者庁は17日、訪問販売会社「キュートーシステム」(福岡市)に対し、特定商取引法違反(不実の告知など)で6カ月間の一部業務停止を命じた。

 同庁の発表によると、同社営業員はエコキュートやIHクッキングヒーターを訪問販売した際、一部の地域を除いては光熱費の節約額のみで15年ローンを支払うことができる可能性が低いにもかかわらず、「浮いた光熱費で無理なくローンが組める」などと購入を勧めていた。

 また、IH専用鍋を販売する際も、「電気代が3分の1になる」とうその説明をしていたという。同社は全国に拠点を持ち、昨年1月までの1年間で約59億円の売り上げがあった。「処分の内容について事実関係を確認中」などとしている。