31日で閉園する奈良市古市町の市立東市(とういち)幼稚園(南波早由美(さゆみ)園長)の閉園式が18日、同園であった。園児11人や保護者、地元関係者らが、開園から63年の歴史を振り返るスライドを見るなどして別れを惜しんだ。

 同園は1954年に開園。多いときは150人の園児がいた。東市地区自治連合会の今里泰彦会長(80)は「子どもたちが元気な声を響かせ、地域をにぎやかにしてくれた。社会情勢の変化などのためとはいえ誠に残念」と話した。同園は、同町内の高円(たかまど)保育園と統合再編され、4月から高円こども園になる。

 式典後、奈良市観光大使でシンガー・ソングライターの氷置晋(ひおきしん)さん(27)のコンサートもあった。6曲を披露し、東市幼稚園のために作ったオリジナル曲「きみと出会ったようちえん」を園児11人と一緒に歌った。(佐藤圭司)