[PR]

 東京電力は18日、福島第一原発1号機で溶け落ちた核燃料の広がりを探るため、原子炉格納容器に調査ロボットを投入した。作業用の足場から計測機器を垂らし、格納容器にたまった冷却水の放射線量を測ったり、中の様子を撮影したりする。調査は4日間を予定している。

 東電の解析によると、炉心溶融した1~3号機のうち、1号機は最も溶融が激しく、核燃料のほとんどが原子炉圧力容器の底から溶け落ちた可能性が高いとされる。溶けた核燃料は、圧力容器直下の筒状のコンクリートの内側にたまっているとみられるが、一部は外側に漏れ出ている可能性がある。

 今回のロボットは、先月2号機に入ったロボットと違って圧力容器の直下を目指すのではなく、周囲の作業用足場を移動。カメラと線量計が一体となった計測ユニットを格子状の足場の隙間から垂らし、核燃料が漏れ出た可能性が高い場所を重点的に調べる予定だ。

 ただ、格納容器の底にたまった水はさびなどで濁っているとみられ、核燃料を確認できるかわらかないという。東電の担当者は「格納容器の底にある堆積(たいせき)物を巻き上げないよう慎重に作業する」と話している。(富田洸平)