[PR]

 動画投稿サイト「YouTube」に独自の映像を投稿して、その広告効果で収入を得る海外の人気「YouTuber(ユーチューバー)」による大分県日出町の観光プロモーション動画が、完成した。町は18日からホームページ(HP)で一部を公開し始めた。

 海外への情報発信力を強めて外国人観光客を増やそうと、日出町が企画した。高い情報発信力を期待して著名なブロガーを招く自治体が全国に目立ち始める中、日出町はユーチューバーを起用した。

 昨年、大分市のイベント企画会社を通じて依頼し、約400万円かけて8月から制作していた。

 完成した動画は計4本。それぞれの前編(4~8分程度)をHPで公開している。後編は24日、ダイジェスト映像は30日から公開予定。今回は中国語圏をターゲットにしており、動画で使った言葉はすべて中国語(日本語字幕つき)だ。

 参加したユーチューバーは、中国やマレーシアなどアジア6カ国・地域を拠点に活躍する7人。全員が20代で、動画に出演して編集にも加わった。日出町に隣接する別府市にある立命館アジア太平洋大(APU)の卒業生も2人いる。

 動画では、2月から3月にかけ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら