[PR]

 「全世界配信やぞ」「ユーチューバーをなめんな」。夜明け前、スキンヘッドの男がチェーンソーを手に宅配会社の営業所に怒鳴り込む。その様子を映した動画にネットで批判が殺到(炎上)し、撮影した男が3月22日に有罪判決を受けた。なぜ過激な動画が作られるのか。

 三重県伊賀市のヤマト運輸営業所で男性従業員を脅した罪で懲役1年6カ月執行猶予3年の判決を受けたのは、同市の元トラック運転手の男(27)。

 判決などによると、昨年12月、配達員が男の自宅に動画配信用機器を届けようとしたが、行き違いで本人に渡らなかった。「まじで許されへんから」「これからトツ(突撃)します」。男は自宅にあったチェーンソーを動かす動画を撮影。翌日の夜明け前、営業所に押しかけてチェーンソーで従業員を威嚇し、一連の様子を約25分に編集して動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿した。

 動画はネットメディア「探偵ウォッチ」に取り上げられ、「常識の範囲、道徳がわかんねえならユーチューブやめろ」などと炎上。元の動画は削除されたが、従業員の被害届を受け、県警は今年1月、暴力行為等処罰法違反容疑で男を逮捕した。

 検察などによると、男が動画配信を始めたのは昨年2月ごろ。ユーチューブ内に実名でチャンネルを持ち、仕事で訪れた各地のグルメなどを投稿。今年3月現在、約500本が公開され、視聴回数は約500万回に上る。動画投稿で収入を得る「ユーチューバー」の1人で、昨年8~11月は計34万円、12月も10万円の収入を得ていた。

 ユーチューブを運営するグーグルの日本法人によると、動画投稿で収入を得られるのは18歳以上。「パートナープログラム」という独自のサービスに参加し、利用規約を守るなどの手続きが条件だ。動画再生時の広告表示回数などに応じて収入があり、あるユーチューブビジネス関連会社によると、相場は「再生1回あたり0・1円前後」という。

 男は以前、チェーンソーで人を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら